オーディオ沼には近づかない

■ スティーブン・キングの「ペットセマタリー」で、主人公が急死した我が子を呪われた墓地に何度も埋めようとするじゃないですか、今回は遅すぎたんだ、次こそうまく甦るって。あれみたいなもんでね、業が深すぎるというか、やっぱりあの沼にはおいそれと近づいちゃならんと思うわけですよ。

ただね、GONGの「SHAMAL」というアルバムがありまして、これを聴いてたらなんかおかしいんですよ。

ボーカルの特定の音、サ行の音がどうもかすれて聴こえる。
ベルの高音の頂点の部分がチリチリと毛羽立って聴こえる。

ネットで「レコード サ行」で検索してると、まあ出るわ出るわ。なるほどこれはレコードあるあるなんですな、と調べてみるに「オーバーハングの調整」というのが目につく。アームの支点から針先までの距離、要はカートリッジをどの位置につけるかって話だが、確かにこんな調整したことない。SL1200はコネクタの付け根から針先まで52mm、というのがテクニクスの指定値らしい。

測ってみるとこれがズレズレ。5mmくらいズレてる。

一発で解決だわーって確認してみると、若干軽減された気もするが…、やっぱりサ行がかすれてる。
そもそもこんな録音なのかも?ってCDの音を確認するがこちらは問題なし。サ行ちゃんと歌えてる。

リファレンス用ってことでリマスター版の「狂気」を新品で買ったんだが、この盤も確認してみるとやっぱりかすれてる。透明感のある高音がいたるとこにあるアルバムだからよけい毛羽立ち感が目立つ。

調べてみると調整すべき箇所が色々出てくる。オーバーハング、アームの高さ、針圧、アンチスキップ値。そもそも盤がおかしいのか。しかし「狂気」は新品だし…。SL1200自体が中〜高音域を強調する作りになってるって話しも。

針の位置を変えては試聴、変えては試聴、を100回くらい。
針圧を変えて、高さを変えて、アンチスキップを変えて、試聴。また試聴。

朝の8時から「狂気」の4曲目、「TIME」を延々とリピートしている。
外はとても良い天気だ。

ちなみに歌詞はこんなだ。

お日さまの下に寝転んだり、窓から雨を見るのにうんざりしていた。
あなたは若く、人生は長く、無駄に過ごすに充分な毎日があった。
そして、10年という時が過ぎ去ったことにある日気づく。
誰も走り出せって言わなかった、そしてあなたはきっかけを逃してしまった。
 
やっと、あなたは走り始めた。
太陽に追いつこうとして、懸命に走った。 
が、太陽は無情にも地平線の向こうに沈み、絶望して振り返ると、真後ろの地平線から、また太陽がのぼり始めた。
追いかけたものはいつもそんな風で、あなたの息は短くなり、また一日死に近づいた。


窓全開にして晴天の土曜日のご近所中にお見舞いしたいような歌詞だ。

この「また一日死に近づいた」、"one day closer to death"のデス、のかすれが目立つのだ。
この部分だけをひたすら設定を変えながら100回リピート再生。
CDのほうも同時再生して違いを聴き比べる。
暖かな休日の晴天の下、また一日死に近づいたんですね。ご近所中に大音量で知らせてやりたい。

そうだよな、10年経つんだよな、誰も走り出せなんて言ってくれないよな、と思いつつ、
なんとなしにターンテーブルのゴムシートを交換してみた。
制振のため某有名メーカー謹製の5000円の、ゴムの円盤に5000円?500円じゃなくて?と思いながら買ったものを、元々使ってたペラペラのゴムシートに。

全然音が違う!この安っちいぺらぺら野郎のほうが音良いじゃねえか…

5000円…




■ ということで、サ行かすれに関してはかなり良くなった。
「SHAMAL」も爆音でかけてみたがだいぶ良くなった。
かすれというかスレ、くらいは感じるがこれはM44Gのドライな音質故ってことだろう。そうだ。そうに決まってる。そうだってことにしておかないとまた一日死に近づく。



■ あとターンテーブルシートを交換して音が変わったのは、単純にアームとテーブルの高さ水平の問題な気がする。
5000円シートはけっこう厚みがあるので、その厚みに合わせてアームの高さを調整すれば奇麗な音が出るんだろうと思う。

思うが、これまたリピート地獄でまた一日死に近づくと思うと、ちょっともうしばらくはいいや。











[ 2017/03/25 10:27 ] オーディオ沼 | TB(-) | CM(-)

ロック会2016

rock2016.jpg

■ 諸事ありましたが2016年度のロック会、無事開催されました。

今年はこれだ、って曲を皆で持ち寄り、ただ流してはこれをひたすら聴き続ける、というはなはだシンプルな集まり。今年は6名参加、歴代最長13時間、88曲という新年早々非常におめでたい末広がりなトラック数にて幕を閉じたということです。


Kandeen Love song / Pazで幕開け。今年はジャズ色が強かった。



■ 今年はMarantzのちょっとだけ良いアンプに変えてみたせいもあって、まあレコード音源がキレイ。いやー、びっくりしてばっかりでしたね。得した気分ですよ。

聴くたんびにこんなに広いのか、こんなに細かいのか、ってなもんで、
いや今までだって色んな良いシステムで色んな良いレコードを聴いてきましたけどね、どこか別次元の話だと思ってたわけですよ、それがなんだか身近になったというのかね。もしかしたらあの音に手が届くのか!?みたいな。

たまたまだけど空間の構造も良いんですよ。うまいぐあいに反響してまわるというか。そんなに大きな音を出さなくても楽しめるし。

針は去年と同じくGRADO、リード線はオヤイデ電機の銀線、スピーカーは毎度のJBL4312です。
スタイラスクリーナーが導入されてて、こりゃ便利なもんだなってんでロック会後に自分でも買っちゃいました。


Warp Factor II / Montana


Gesceap / Tortoise



■ 以前に赤坂で飲んでて、なんとなくジミヘンはあれほんとにギターうまいのかねー燃やしたり歯で弾いたりしてるけどさーみたいな話ししてたら、いきなり真っ赤な顔した目つきの悪いおっさんがテーブルに乱入してきて、

「ジミヘンのギターは最高だし、あの音で俺は人生が変わった!こういうところででっけえ声でそんな話しをするんじゃない!」

って怒られたんですよ。びっくりしましたよ。
いや全然謝るんですけどね、やっぱり好きなものをけなされたら(けなしたってほどの話ししてないんですけどね)怒っちゃうのも分かりますよ。
でもこう、なんていうんですかね、自分の人生とかを乗せちゃう率が高くないですか?音楽ってジャンルは。NO MUSIC NO LIFE というか。あれ、ただ好きだっていうんじゃ物足りなくなるんですかね。なんかことさら排他的になったり攻撃的になったり、自分の足下の土を掘って下げて偉くなった気分になってみたり、周りから自分を切り離す事で希少な存在になった気になってみたり。いるじゃないですかそういう人。ねえ?イヤですよねえ。まあ音楽に限らずですけど。


I Thought It Was You / Herbie HancockはこのSUNLIGHTのじゃなくて「ダイレクトステップ」に収録のver.
象ジャケに当たり多しとの箴言。


電車かもしれない / たま、などなど、電車にまつわる曲が多くかかった今回。


The Bottle / Gil Scott-Heron & Brian Jackson ハンサムな曲ですなあ。口にしたくなる名前ですよね、ギル・スコット・ヘロン。語感がいい。



■ 16時に始まって終わったのが朝の5時半。
ラスト曲はおなじみ「炎のファイター / 向井滋春」。2009年以来、2度目の登場。
曲張れないのが残念です。負けゆく男への挽歌というか、過ぎ去った時代に取り残された男の哀愁というか、アントニオ猪木さんのテーマ曲のレゲエアレンジなんですが。

これがなんとも寂しい音色でして、ビスコンティの映画「山猫」のようなんですよ。
あのラストのダンスシーンってあれ朝まで遊んだ後のクラブの風景と全く同じですよね。汚い床が見えて、宵の口はきれいにしてた彼ら彼女らの髪はボウボウで、年相応の疲れが顔の至る所に浮き出て、浮いた髭、眼の縁は赤く充血して、酔いつぶれ泥だらけの階段でうずくまって寝る輩に、とりつかれたようにまだ踊ってる人らに。

汚れ物だらけのフロアをぬうようにこぐように、バート・ランカスターがとぼとぼ帰路につくわけですよ。
もう自分の時代は本当に終わってしまった。あとは頭は良いが信念の無い、軽薄な男(を演じるのは絶頂期のつやっつやのアラン・ドロン)の時代がやってくる。
ぽつりとつぶやきますよ。

『我々は山猫とライオンだった。やがて、ジャッカルと羊の時代が来る。そして山猫もライオンもジャッカルも羊も、自分こそ正義だと信じている』

良いセリフじゃないですか。

かたや猪木さんは「迷わずいけよ、いけばわかるさ。アリガトー!」と叫んで引退しました。

猪木もビスコンティも言ってる事は同じですね。




■ 今年のトラックリストはこんな感じ。フードはおなじみのスナより。なんだかんだで〆のおにぎり&お味噌汁までフルコースを作って頂きました。ごちそうさまでした。

1. Kandeen Love song / Paz
2. El Devisadero / Chris Watson
3. Pray for Rain / Massive Attack
4. Blessing / Munoz
5. Warp Factor II / Montana
6. Lotus Blossom / Kenny Dorham Quartet
7. Fuwari Fuwafuwa / Ruriko Ohgami
8. Gesceap / Tortoise
9. Neal And Jack And Me / King Crimson
10. Animal Rhapsody / The Raincoats
11. Moonlight Lover / Ranking Ann
12. Shadow Dancers / George Benson
13. The Bottle / Gil Scott-Heron & Brian Jackson
14. Madres / Daymé Arocena
15. Black Byrd / Donald Byrd
16. Losalamitos (latin funk love song) / Gene Harris
17. Third World Wave / Mark Egan
18. 川崎-Blossom / 根津甚八
19. Fly(higher take) / SMAP
20. "Peaks of Yew / The Mattson 2
21. SplitKick / Art Blakey Quintet
22. sohranbushi / 原信夫とシャープス&フラッツ
23. The Original Mean Machine / ROCKIN' ROB & THE FABULOUS 4 MC CONNECTION
24. The Bank Robbery / John Carpenter
25. Iron Man / Black Sabbath
26. Rise/set / Tju Tjuna
27. Expo 2000 (DJ Rolando Remix) / Kraftwerk
28. Eminence Front / The Who
29. If You Feel Like Dancin' / 94 East ‎
30. 暗い目をした女 / 浅川マキ
31. 君はそのうち死ぬだろう / RCサクセション
32. 5日間 (Five Days) / サンガツ
33. Where Are Ü Now / Justin Bieber
34. Open your eyes You can fly / Gary Burton
35. I See Red / Frida
36. THE BEGINNING / 麻生レミ
37. 夜明け前 / 長谷川健一
38. Channel X / Ryoji Ikeda
39. Nobu / Herbie Hancock
40. Roxy Elephant / Pancake
41. 世界のパトカー ニューヨーク市警 / 水野晴郎
42. In my Jungle / F.O.E.
43. Africa Arising (feat. Villy) / Philou Louzolo
44. Der Osten Ist Rot (the east is red) / Holger Czukay
45. I Thought It Was You / Herbie Hancock
46. Bewegliche Ziele / Plaza Hotel
47. Slim's Return / Madlib
48. Can't Forget About You / Nas Ft. Chrisette Michele
49. Storm / Godspeed You! Black Emperor
50. Think Twice / Donald Byrd
51. Naima / ジョージ大塚 クインテット
52. If I Could See / Mahavishnu Orchestra Mk II
53. Lost Horizon / Todd Rundgren
54. Walk On Air / Holy Ghost Inc.
55. The Visitor / Paqua
56. What Do You Mean? / Justin Bieber
57. Alekasam / Chico Hamilton
58. Kane Ren Ren / Marewrew
59. Little Green Men / Steve Vai
60. Walk The Night / Skatt Bros
61. Samba de Retorno / Sonzeira
62. 2000 Light Years from Home / The Rolling Stones
63. Govinda / J.O.B. Orquestra
64. Simbora / Agora
65. 電車かもしれない / たま
66. Super Rich Kids (feat. Earl Sweatshirt) / Frank Ocean
67. A Sprinkling Of Clouds / Gong
68. Humus - The Life Exploring Force / Don Cherry & Krzysztof Penderecki
69. Gimme Some Lovin / Steve Winwood, Jim Capaldi, Dave Mason, Chris Wood , Rick Grech, 'Reebop' Kwaku Baah*, Jim Gordon, Traffic
70. Franklin's Tower / Grateful Dead
71. Life On Mars / Dexter Wansel
72. Hope You Feel Better Love / Isley Brothers
73. Hotel Blues / Last Ex
74. Harder Than The Rest / Jackie Mittoo
75. Protein / Tata Box Inhibitors
76. YAMASUKI / Yamasuki Singers
77. Buffalo Soldier Dub / Bob Marley and the Wailers
78. Spoon / Can
79. 古代世界 / ナット・バーチャル
80. Little B's Poem / Dee Dee Bridgewater
81. Time Whys / Tonto's Expanding Head Band
82. カレーライス / 遠藤賢司
83. Love To The World / Ron Trent
84. 信じられない頃に / 中島みゆき
85. レポート / サンガツ
86. Watarase / 板橋文夫
87. いる / 坂本慎太郎
88. 猪木 vs アンドレ・ザ・ジャイアント ~炎のファイター / 向井滋春

全88曲 05:30終了



Food スナより
タルト2種
クレソンサラダ
豆サラダ
レバーペースト
カボチャ明太子
豚と春菊
スパイシー海老
牛肉のマリネ
豚と野菜の煮込み白ワイン風
おにぎりとみそ汁









[ 2017/03/06 22:17 ] ロック会 | TB(-) | CM(-)

ベスト映画2016(劇場編)

■ 「劇場で映画を観る」というのは贅沢な行為ですよねえ。お金はさておき時間を使いますから。かといって外す事を恐れるべきではないと思います。外してもなお面白いのが劇場で観るという事。劇場はライブなのでございます。
しかし今年は全然行けなかったなあ。

ベスト映画2016(劇場編)

1. サウルの息子
ユダヤ人絶滅収容所の手伝いをさせられるユダヤ人、ゾンダーコマンドを扱った映画。視界のはしのようにぼやけた世界に折り重なる裸の死体。血と糞尿をごしごしこする。死体はさらさらの砂になるまで高温で焼き尽くす。みんなコソコソ小声で話す。誰も何も物語らない。4:3の狭い視界でアウシュビッツに潜入したような気分。なにもかもあっけらかんと事が進む。なんだろう?なんだろう?と思ってるうちに目の前をたくさんの死体が通り過ぎてゆく。あっという間に馴れる。だから映画を観ているうちはショックが来ない。観終わった後、じわじわと罪悪感が押し寄せてくる。映画を観てこういう感覚になるものなのか!という驚き。

2. シン・ゴジラ
とにかく無電の文言のリアルさ、これに尽きる。10式の車長ならなんと言うか、コブラにのったパイロットはなんと言うか。編集のキレかた、テロップワークにしびれて、我が家ではふってわいたような岡本喜八ブームが。

3. FAKE
守さん、森さん、観客、と三層で「嘘」のネスト構造ができあがってる傑作ドキュメンタリー。観てる自分も強制的に当事者になるから、言い訳したり説明したり大変。だから人に話して、人の話を聞きたくなる。カップルも家族も友達もみんなで観てみんなで「嘘」の話で盛り上がればいいんじゃないでしょうか。
ただ大事なのは守さんはぬいぐるみでも二次元キャラでもなく実在する生身の人間って事で、おなじく森監督もそうだということ。ドキュメンタリーっていうのはそういった血まみれの臓物まみれのカルマの深い娯楽だとつくづく感じる。

4. ボーダーライン
今年大ブームのドゥニ・ヴィルヌーヴ監督。映画の3分の2までは「リアル麻薬戦争モノってだけか?」とジリジリする。緊張感演出とロジャー・ディーキンスの映像のクオリティで成り立ってはいるんだが。そこからの一気に呑み込まれていく勢いがすごい。「シカリオ(暗殺者)」という原題が、ああそういうことなのか、と。最後にかけては西部劇のような実に映画的なカタルシス。空撮が怪物の肌を撮っているような感じで気持ちワル素晴らしい。

5. ガールズ&パンツァー劇場版
久しぶりの吉祥寺プラザで鑑賞。
T28駆逐重戦車、カール自走臼砲など悶絶キャストが多数登場。何かと突撃しちゃうチハタン学園がかわいい。TV版と比べ特にマズルフラッシュが劇場クオリティ。


6. ロブスター
セックスをしろという世界。するなという世界。どっちにしろ居心地の悪い男。何も考えず誰かに常に依存して、誰かの言うまま犬を蹴り殺していれば楽に暮らせる。
ユジク阿佐ヶ谷で鑑賞。なんかうちで観てるようなアットホーム感でいい。

7. マネーショート
空売り(ショート)ってのが何なのかまずわかんない。わかんないけど面白い。面白いけど分かればもっと面白いんだろうなあと思うと悔しい。ツェッペリンがブルースの名曲をカバーした「レヴィー・ブレイク」が効果的に使われてる。

後日勉強したら空売りのなんたるかは分かったけど、なんでこんなシステムがあるのかが分からん。ただゲームをしたいだけのルールってこと??


8. レヴェナント
ディカプリオはこれまで通りの名演。これでオスカーあげるなら「ウルフ・オブ」であげろよ!あっちのほうが面白かったぞ!笑ったぞ!と思う。
映画としては概ね好感触だけど「やったるぜ感」が強すぎて疲れる。ディカプリオも生魚に生レバー食べちゃうし。人知の及ばぬ自然との格闘、って映画なのに「何であの状況で川に落ちて何で凍傷にならない?」など腑に落ちない点も。リアルなんだかどうなんだか。

9. この世界の片隅で
良かったですよ。義理姉の慟哭とかやっぱり涙がこぼれそうにはなりました。機銃掃射とか爆撃シーンのリアルさも良かったし。でも全部のカットがちょっとずつ短くて物足りない。カタルシスなシーンなのに、感じ取る前にカットが変わって緊張感が切れちゃう。もったいない。能年ちゃんの吹き替えは最後の最後まで能年ちゃんの顔がちらつくが、キャラ自体が能年ちゃんっぽいので違和感は無い、という不思議な一体感だった。一体になって無い一体感というか。

10. マネーモンスター
ジョディ・フォスター監督作。何作目か分からないけど、いくつか撮ってるんだろうなという肩の力の抜け方と、こういったアクション性が強くてスピード感があってキャラが立たないと面白くないお話を、破綻無くスムーズに見せていくのはかなり難しい事だと思う。名手なんだなあこの人は。知らなかった。ロバート・レッドフォードみたいになるんじゃないか?
攻守の入れ替わりの応酬とか見事だった。それに比べて大オチはどうなんだ、って気になったが、続けてこの先も監督作を観てみたいなあと思った。




《そのほか観た作品》
ミスター・ダイナマイト
オデッセイ
君の名は。
ブリッジ・オブ・スパイ
殿利息でござる
白鯨との戦い
嫌な女
















[ 2016/12/30 17:49 ] 映画 | TB(-) | CM(-)