スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

FAKE



■ 森監督15年ぶりの新作「FAKE」。いやードキュメンタリーとしては異例の大ヒットですよね。
ユーロ上映としては「ゆきゆきて神軍」以来!なんていう勇ましい声も聞こえてきたり。

佐村河内さんを追ったドキュメンタリーという形になっているが、彼の耳が実際聞こえるどうか、彼に実際作曲能力があるのかどうか、そんな事は映画の本筋じゃないんだなーと分かる。

それだけに、素材として使われてしまった佐村河内さんの心中いかばかりか、なんて思ったり、
ドキュメンタリーってよくよく業の深い仕事だなと遠い目をしてみたり。

「FAKE」を観終わると、その足で誰かとその話をしたくなる、というのが定説で、それはとても良い映画の見方だなーと思う。
楽しいですよね、映画のことをぐるぐる考えて、好きな人とぐるぐる話すの。

だからリピーターが次々生まれるんだろうなと思う。「次はあの人と観に行こう」「あの人はどういう意見を言うんだろう?」っていう。

佐村河内さんの奥さん、
猫、
どこかの「誰か」の間取りに似てる佐村河内家の間取り、
連れタバコ、
名前に「さん」を付ける守さん、
豆乳、
ハンバーグ、
両親、
被爆者手帳、
取材を申し込む共同テレビDのギラギラした目つき、
必ず出るケーキ、
新垣さんのサイン会、
神本さんの表彰式、
消火器、
売ってしまったというキーボード、
カタコト記者の鋭い質問、
左手の包帯はなぜ?

どこまで行っても、どこまで顕微鏡的拡大をしても、怪しくぼやけたグラデーションが広がるばかり。




■ 森さんの作品はいつだって迷ってるのが持ち味だ。
Aもエスパーもオカルトも下山も死刑もそう。
森さん自身どこにも座れず、落ち着かず心許せず安心できず、
誰の意見もちょっと分かるが、ちょっと分からない。
立ったままウロウロと挙動不審に迷ってる。その姿が良い。思わずそこに自分を投影してしまう。

だからカメラの視点が定まらない。変な構図ばっかりだ。日本ドキュメンタリーの巨匠、原一男さんも「森監督はカメラが下手」とはっきり仰られてた。

何でって森さん自身がいつだって迷ってるからだ。構図のセンスとかじゃないと思う。森さんが迷ってるからだと思う。




■ 物理学者、ルネ・ブロンロは1903年に未知の放射線「N線」を発見したと主張した。

科学界は新発見に盛り上がったが、実はそんな放射線はこの世に存在しなかった。

眼球の中の光を受け取るシステム、桿体(かんたい)細胞と錐体(すいたい)細胞の特性からくる、光の感受性の違いから感じたまぼろしの光源をブロンロは誤解した。

薄暗い空間の中で、視界のはしに映る光らしきものを「N線だ!」と勘違いした。

すでに高名な科学者だったブロンロの主張を聞いて、幾人かの科学者は「確かに見える!」と褒めたてた。

幾人かは「どうしても見えない」と疑問の目を向けた。

STAP細胞の小保方さんそっくりだなーと思う。

幾度かの追試を経てブロンロの「N線」は存在しない事が証明された。

でもブロンロは死ぬまで「N線」の存在を信じていた。

嘘をついていたのか?
いやーこれを嘘とは言わないだろ、と思う。だって実際見えてしまったんだから。

じゃあSTAP細胞は嘘なのか?欺いたのか?
「STAP細胞はありまぁす!」が揶揄されてたけど、実際この目で見てしまったらそう言ってしまう気持ちも分かる。

じゃあブロンロと小保方さんは完全にシロなのか?
どこかで「これ怪しいかも?」と不安が頭をよぎることはなかった?
何かにフタをして隠して無い事にするなんて、そんなこと1ミリも考えたことが無い?




■ 多分はっきりとした境界があるわけじゃないんだろう。
ここを踏み越えたら「嘘」になる、なんていう線なんかない。

もやもやしてて、もやもやしてるからこそ、悲劇だし、滑稽だし、そのもやもやを言い当てようとして「FAKE」を観ては飲みにいってぺちゃぺちゃ盛り上がってしまうんだろうなーと思うわけです。














スポンサーサイト
[ 2016/08/06 18:46 ] オススメ | TB(-) | CM(-)

日本の漫画史を変えた作家 TOP50

■ 7月17日の"漫画の日"に先駆けて!なんて銘打って前にオリコンがやってた『日本の漫画史を変えた作家 TOP10』なんてものがあり、ざざっと見てみると「まー確かになー」とか「そりゃ入るよなー」って作家がいる一方で「?」ってなるランキングもあったりして、"漫画史を変えた"というにはなんだかライトな雰囲気というか、なんか『10秒以内に思いついた漫画家をあげて下さい』みたいな即断即決感のある人選だなー、っつうかあの人漫画家じゃなくないか?なんてことが話題にあがり。



詳細はこちら。
『日本の漫画史を変えた作家 TOP10』



あの先生は、いやあの先生は、なんて言ってるうちにじゃあちょっと試しに修正版をまとめてみようってことになり、有志数名でオリコンver.に若干の微調整を加えてみました。以下、『日本の漫画史を変えた作家/俺たちのver.』ということでどうぞご覧下さい。

ちなみにですが、
エポックメイカーをTOP10に限定するっていうのがそもそも無理があるってことで、まずその範囲をTOP50まで広げました。

TOP50ランカーは、漫画史における時系・師弟関係などにはなるべく重きを置かず、メイクしたエポックの強さ如何では例えばそのジャンルの始祖よりも上位にランクさせるなど、影響力・インパクトに重きを置きました。

『オリコンver.』とは異なる部分もありますが、わりと良い線いってるかなーなんて思っております。如何なもんでしょう??




manga_lanking_Top50_Final.jpg




■ なにが難しかったって一番難しかったのが尾田先生の位置で。国内初にして唯一の二億部プレイヤー、でもそのスタイルってあまりにも正統的な少年漫画の発展系であって、「変えた」というにはインパクトが少ない。TOP50から外すことも何度となく議題にあがりましたが、「ワンピースを読んで育った大人が、今度は子供と一緒に読んでほしい」という尾田先生の言葉があってようやく今の順序が決まったという。




■ 繰り返しになりますが、このランキングは人気・面白さの順じゃないです。
あくまで「漫画史を変えた」、この一点にフォーカスし出来るだけ客観的に検討した結果です。

また、TOP50にランクされなかった先生方があと90人弱おられ、もちろんどなたも畏れ多いほどの人気実力派作家であり何も無かったことにするのはあまりにももったいない。
ということでTOP50のほかに
『次点』
『アート』
『週刊 俺たちのコミックバンチ』
『俺たちのコミックバンチPLUS(コンビニ限定隔月発売)』
『月刊 NEXTジェネレーション』
『漫画 地獄/Jigoku』
などなど別枠・各分類をそろえ、それぞれラインナップさせて頂きました。

これはまた次回以降にご紹介を…
















[ 2013/08/16 17:56 ] オススメ | TB(-) | CM(-)

"Thousand Finger" @Aoyama LOOP/feat.VJ La cosmos (R20)

■ 毎月第2土曜のハイレゾパーティ、Thousand Finger@青山LOOP。今回は6/9、ゲストVJに盟友La cosmos (R20)が登壇です。

tf1206_banner001.jpg
→more info


06.09(sat)
"Thousand Finger"
@Aoyama LOOP

OPEN:22:00
DOOR:2500 -1D / FLYER:2000 - 1D

DJ:
DJ SHIBATA
Neemura
Mana-bu
TAGAWAMAN

Guest VJ:
La cosmos (R20)

VJ:
Tajif
PETA


LOOP:
www.club-loop.com

clubberia:
http://www.clubberia.com/events/193456-THOUSAND-FINGER/


【Guest VJ】
La cosmos (R20)

都内を中心に活動する3人組VJ,デザインユニット。
古きアニメーションやビデオアート、エログロ動画から3DCGまでさらに自作のムービーやアニメーションを織り交ぜてラコスモスの宇宙を表現しスクリーンやモニター、壁、地面、人などに映しだす。PV製作やweb、紙媒体から建築などのデザインも手がける。 大小クラヴ、ライヴハウス、ギャラリー、野外など どこにでも出没。 2001結成以来行き着く所がよくわからないまま全速力で疾走中。
現在渋谷MODULEにて偶数月に行われるR20にレギュラー出演中。 メンバー ダイゴ『愚鈍』 ナオト『髭』 ユウヤ『色男』



【about "Thousand Finger"】

東京におけるHouse、Dance Musicの聖地の一つ、青山LOOPの週末を10年以上に渡って踊らせ続けるDJ SHIBATA & NEEMURAを中心に、様々なバックグラウンドをもつ個性が第2土曜に集結。
Hip Hop、Funk、Soulをルーツに独自の視点でそのGrooveをHouseに落とし込むMana-bu、若手ながら重心の低い漆黒のディープハウスを貫禄でプレイするTAGAWAMAN。
VJには、BLIND ORCHESTRAとして野外パーティー"FORTE"をはじめ大小様々なパーティーを演出してきたTajifに加え、グラフィカルでハイセンスなヴィジュアルと持ち前のフットワークを武器に大箱やフェスにも殴り込みをかけるPETA ex.OSUSHI DISCOという興味深い組み合わせ。

各々が自分たちの追求する表現を、毎月確実にアップデートさせ、フロアやBarのダンサーと共有し、絶妙に溶け、混ざり合う。









[ 2012/06/05 16:40 ] オススメ | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。