いまさら聞けないニコラス・ケイジ

■ニコラス・ケイジをニコラス・ケイジとして認識したのは中学生の頃、「ワイルド・アット・ハート」でだったかと思います。ただ映画自体を観たのはずいぶんあとで、というのはこのジャケ画像がとにかくイヤでイヤでたまらなくてなにがそんなにイヤだってニコラス・ケイジの顔がなんかヌメヌメしてるしスネークスキンだしアゴのラインとかうっとりした表情とかヒゲ具合とかなんかほんとシェイムオンユーな深海生物って感じでもうこのジャケを見るのも触るのもイヤだ伝染る、ってくらいイヤで中身を観るどころじゃなかったのです。

後にデヴィッド・リンチを知ってから初めてこの映画を観て仰天、ヘイトな気持ちが真逆方向に振り切ってもうそれ以来すっかりハンサムにしか見えないわけですが。

ニコラス・ケイジのハンサムっぷりなんていまさらワザワザ紹介する必要もないわけですが、ウルトラハイテンションな彼の演技だけを集めた映像がyoutubeにあがっていたので、興味のある方はまぁちょっと観てみて下さいよ。ファーストカットからいきなり限界突破してますから。


ご本人相当のプレスリーマニアらしいんですけど、なんか演技・体さばきにそのスピリットを感じるような気もします。というか変ですよね。動きが。とにかく。




ではスペックのほうを簡単に書いておきます。もろもろご確認ください。

[ニコラス・ケイジ](英: Nicolas Cage, 1964年1月7日- )
本名、ニコラス・キム・コッポラ(Nicolas Kim Coppola)

◎叔父は映画監督のフランシス・フォード・コッポラ。そのほか叔母に女優のタリア・シャイア、いとこにソフィア・コッポラ、ロマン・コッポラなどなどがおり、アメリカを代表する映画一家のひとり。また元嫁がパトリシア・アークエットなので、デヴィッド・アークエットは元義弟、デヴィッドの元嫁コートニー・コックスは元義妹、なんて関係もあったりする。

◎ジョニー・デップに薦められて俳優になったらしい。デビュー作は「初体験/リッジモント・ハイ」。当時はニコラス・コッポラ名義だった。

◎日本語学校に通っていた経験があるため日本語がある程度話せる。

◎モト冬樹の存在を認識している。

◎日本人がしゃべる「モト冬樹」という単語を聞き分けられる。

◎来日時のインタビューの際は「モト冬樹」という言葉を出さないように、というお達しがあった。

◎実は吸血鬼という噂あり。本人は否定。

◎こないだ自分の墓用として真っ白なでかいピラミッドを買った。

◎スーパーマンの実写化企画があると絶対オーディションを受けにいく。そして絶対落ちる。
参考画像

◎「スーパーマンリターンズ」では最後までキャスティングに残っていた。が、ギャラが折り合わずあえなく降板。

ニコラス・ケイジになった女の子

フリー素材ニコラス・ケイジ

◎真夜中に目が覚めると革ジャンはおった素っ裸のおっさんが自分のベッドの横でアイスクリームを食べながら突っ立っていたという恐怖体験あり。

◎ニコラス・ケイジに似た聖母マリア像があるらしい。

◎「品のないセックスをする動物の肉は食べない」とのこと。ちなみに魚と鳥は上品なので食べる。豚は下品なので食べない、とのこと。

◎日本の成人向けコミックに並々ならぬ関心を示している、とのこと。


以上、「いまさら聞けないニコラス・ケイジ」でした。



[おまけ]
エレキやつい氏による片桐仁への新たな拷問"ニコラス・ケイジ"が36分あたりから楽しめます。
http://podcast.tbsradio.jp/elekata/files/20120827.mp3









[ 2013/01/31 15:32 ] 雑記 | TB(-) | CM(-)