スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

1月の映画メモ

■ なんかコレっていうのが無く、1月は劇場行かずソフトだけ。

「インサイド・ルーウィン・ディヴィス」
DVDにて。
キュートかつ貧乏・悲惨。洒落てるどん底。
コーエン兄弟×つげ義春みたいな。
もしやデジタル撮影したのかなと思ったけど35mmだった。
グレーとブラウンの色調がすごい綺麗。
キャリー・マリガンとジャスティン・ティンバーレイク、良いキャラだった。

「グランド・ブタペスト・ホテル」
BDにて。
「ロイヤルテネンバウムズ」大好きなんだけど、その後の作品がどうも首の後ろに鳥肌が立ってちゃんと観れない。
つまらないってわけじゃないんだけど。
と、思ってたらこれは素晴らしく面白かった。
ウェス・アンダーソンってほんと見た目も自分の映画に出てきそうな雰囲気。
あの感じでティルダ・スウィントンに
「今度80歳のおばあさんの役はどう?」とか言ってんだから洒落てやがる。
オスカーどうなるだろうか。

「下妻物語」
DVDにて。
「渇き。」がダメだったんで、検証の意味もあってもう一本。
ダメだった。

「お早う」
DVDにて。
間違いないなあ小津安先生。
自分も男兄弟だったもんだからあれやこれや思い出したり、
色々が胸に迫る。
みんな自分勝手で、生活するってそんなもんなんだろうけど、
ほんの少しの気遣いが日常をドラマチックにするんですねえ。
佐田啓二がぼさっとしてて良い。

「マッド」
DVDにて。
わりと評価高い作品だった印象だけど、あんまり。
ちょいちょい話がつっかえてるような。
あんな簡単にリース・ウィザースプーンとこ訪れちゃって大丈夫なのか?
エンジンぱくった一件はアレでいいのか?
マッドが天性の嘘つきって描写薄すぎないか?

「清洲会議」
BDにて。
小日向文世、クール。面白かった。
佐藤浩市の小物っぷりも楽しいし、
「良かった…」の一言でもってく西田敏行も最高だった。
あの武将が「ステキな金縛り」につながるんだね。
着物のクオリティがすごかった。

「みんなの家」
DVDにて。
邦衛、最高。
撮影中、コメディ映画だって聞いてなくてずっと真面目な演技してたらしい。
「面白い事しなくてゴメン」だって。
まじかよ邦衛。






[ 2015/02/09 17:43 ] 映画 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。