スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ベスト映画2016(ソフト編)

■ 今年はバタバタ焦ってのたうち回ってるうちに今日になってしまったのであまり映画を観てない。とはいえそれはそれで、そういう状況でのベストというのも全く価値が無いわけでもないだろう、というわけで。

ベスト映画2016(ソフト編)

1. ヒメアノ〜ル
なんてことない日常のほんの隅っこがひきつってふやけてずれて、裂けたとこから狂ったものがドクドク噴き出てくる。森田の口調がいわゆる「怖がらせる」口調じゃなく、おちょぼ口でボソボソ喋ってる”ああ、確かに虐められていたのかもしれない”と思わせるリアルさに引き込まれる。43分間のアバンのあとにタイトル、というのも映画の世界観をきちんと操作できているのからこれみよがしじゃない、嫌みじゃない、必然性がある。骨がある。

2. プリズナーズ
善悪の彼岸を超えるヒュー・ジャックマン。傍観者でいるしかないジェイク・ギレンホール。怪しく弱いポール・ダノ。
カナダの新鋭、ドゥニ・ヴィルヌーヴのハリウッド進出作。この監督はすごい腕力。
延々と続く冬の雨が雪に変わって事態はどんどん悪くなる。「セブン」を思わせるけどギミック感が無いので重厚。ただタイトルがダサい。

カナダの制作陣はハリウッドのコストを抑える要員として体よく使われてた感もあったが、そのノウハウを吸収しきった今、ハリウッドでは制限がかかって久しい「作家性」が存分に発揮できる表現の場になっている。もうハリウッド映画はいらないよトロントがあれば、って時代が本当にくるかも。

3. ウォーリア
黙して語らぬ明治の男、といった演出。こういった説明を出来るだけはぶく、抑制した演出っていま流行りつつあるのかも。
じっくり盛り上げていくのでファイトシーンのカタルシスが強い。入場曲の無い、勝ち名乗りもガッツポーズも見せずに去る弟。かたや「歓喜の歌」で入場する才能はあるが優しいファイター、兄。ドラマ自体はストレートだが複層的な奥行きがある。

4. レボリューショナリー・ロード
公開当時なんだかぬるそうなメインビジュアルに加えて、タイタニックの二人が再び、みたいな売り方で観る気がしなかった。ロジャー・ディーキンスの撮影が素晴らしいとの事で観たんだが、素晴らしかった。工業化がサラリーマンを生んで、パーツ化された人間がどれだけ誇りを削り取られたのか、という残虐さ。「古き良きアメリカ」といった風景に表裏一体となって血みどろの臓物がじっとりと染み出してくる。

5. ノック・ノック
映画のはじめこそクソ女ばち当たれ、とか思ってるのにラストにかけては「キアヌざまーみろ豚やろーもっと泣け」とか願ってしまうのは演出の見事さか。
キアヌはシェイクスピア好きのインテリで、スタニラフスキーメソッドを修得した演技の秀才なんだけど、なにせバカっぽい。でクソ真面目。だから良い。土に埋めたくなるし、持ってるレコードとか家具とかぶっ壊してしてやりたくなる。
ラストの奥さんのアート作品にかかれた落書きも中2レベルのクソ最低な落書きで素晴らしかった。イーライ・ロス面白いなあ。

6. マジックマイク
疲れたから何も考えないでいいバカな映画を観よう、と思って借りたらとんでもなく高品質な青春映画だった。びっくり。こういうのがいいよねえ映画って。
チャニング・テイタムは「フォックス・キャッチャー」につながる名演。アメリカ人の心の闇である”悲しい筋肉”を見事に体言していた。南部なまりが圧倒的なマシュー・マコノヒーの残虐っぷりも怪演。

7. ルーム
鑑賞するちょっと前に「クリーブランド監禁事件」を観ちゃったせいで、これ以上嫌な気分になりたくねえなあって全然観る気がしない。ブリー・ラーソンの演技ってどんなものなんだろうって事だけをモチベーションに観たけど、案外に良い映画だった。
ディスクのプリントがハンモックで寝ている母子というのにメーカーの良心&自信を感じる。通常だったら暗い部屋に差し込む一条の光と親子の背中のシルエット、とかにする所でしょう。
子役の演技が一番良かったと思ったんだけど、あの異常な状況になるまで自分の感情をコントロールしないといけないわけで、それって児童虐待なんじゃないのかとも思った。

8. ナイトクローラー
こういったピカレスクものが一定以上評価されるわけで、ハリウッドにもまだ気概があるんだなあ、などと。悪い奴が悪いまま、ますます栄えていくっていうのが気分がいいっていのも不思議な話だけど。

9. 複製された男
カナダのドゥニ・ヴィルヌーヴが「アメリカにいったら好き勝手出来なくなるからいまのうちに」って撮った挑戦作。
つまり何を撮りたかったんだ?っていうのを誰かと話したくなる映画。醍醐味ですなあ。


10. フランシス・ハ
「ヤング・アダルト」的な、うまくいかない日常もの。焦燥感と孤独感の映像化が洒脱。面白い。スピード感もあるし。ラストカットのかわいいルーズさ。「相変わらずじゃん!」って感じで観客も仲間になる感じが良い。完成度は「ヤング・アダルト」のほうが上かなと思ったけど。
なんか洒落てんなあと思ったら監督のノア・バームバックはウェス・アンダーソン映画の脚本家だった。





《そのほか観た作品》
イット・フォローズ
スポットライト
VHSテープを巻き戻せ
フォッグ・オブ・ウォー
バニー・レイクは行方不明
ランボー
クリード
ロスト・イン・トランスレーション
沖縄決戦
王将
グッドフェローズ
日本の一番長い日(岡本版)
ガルシアの首
ブラックスワン
ルック・オブ・サイレンス
ゴーイング・クリア
アメリカン・スプレンダー
コングレス未来会議
ドローン・オブ・ウォー
エンド・オブ・ウォッチ
顔のないヒトラーたち
日本の一番長い日(原田版)
チャイルド44
カルテルランド
スーパー・ハイ・ミー
ソーク・オン・ブリーチ
ゴッド・ヘルプ・ガール
アンブロークン
007スペクター
ビースト・オブ・ノーネイション











[ 2016/12/30 17:34 ] 映画 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。