スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ベスト映画2016(劇場編)

■ 「劇場で映画を観る」というのは贅沢な行為ですよねえ。お金はさておき時間を使いますから。かといって外す事を恐れるべきではないと思います。外してもなお面白いのが劇場で観るという事。劇場はライブなのでございます。
しかし今年は全然行けなかったなあ。

ベスト映画2016(劇場編)

1. サウルの息子
ユダヤ人絶滅収容所の手伝いをさせられるユダヤ人、ゾンダーコマンドを扱った映画。視界のはしのようにぼやけた世界に折り重なる裸の死体。血と糞尿をごしごしこする。死体はさらさらの砂になるまで高温で焼き尽くす。みんなコソコソ小声で話す。誰も何も物語らない。4:3の狭い視界でアウシュビッツに潜入したような気分。なにもかもあっけらかんと事が進む。なんだろう?なんだろう?と思ってるうちに目の前をたくさんの死体が通り過ぎてゆく。あっという間に馴れる。だから映画を観ているうちはショックが来ない。観終わった後、じわじわと罪悪感が押し寄せてくる。映画を観てこういう感覚になるものなのか!という驚き。

2. シン・ゴジラ
とにかく無電の文言のリアルさ、これに尽きる。10式の車長ならなんと言うか、コブラにのったパイロットはなんと言うか。編集のキレかた、テロップワークにしびれて、我が家ではふってわいたような岡本喜八ブームが。

3. FAKE
守さん、森さん、観客、と三層で「嘘」のネスト構造ができあがってる傑作ドキュメンタリー。観てる自分も強制的に当事者になるから、言い訳したり説明したり大変。だから人に話して、人の話を聞きたくなる。カップルも家族も友達もみんなで観てみんなで「嘘」の話で盛り上がればいいんじゃないでしょうか。
ただ大事なのは守さんはぬいぐるみでも二次元キャラでもなく実在する生身の人間って事で、おなじく森監督もそうだということ。ドキュメンタリーっていうのはそういった血まみれの臓物まみれのカルマの深い娯楽だとつくづく感じる。

4. ボーダーライン
今年大ブームのドゥニ・ヴィルヌーヴ監督。映画の3分の2までは「リアル麻薬戦争モノってだけか?」とジリジリする。緊張感演出とロジャー・ディーキンスの映像のクオリティで成り立ってはいるんだが。そこからの一気に呑み込まれていく勢いがすごい。「シカリオ(暗殺者)」という原題が、ああそういうことなのか、と。最後にかけては西部劇のような実に映画的なカタルシス。空撮が怪物の肌を撮っているような感じで気持ちワル素晴らしい。

5. ガールズ&パンツァー劇場版
久しぶりの吉祥寺プラザで鑑賞。
T28駆逐重戦車、カール自走臼砲など悶絶キャストが多数登場。何かと突撃しちゃうチハタン学園がかわいい。TV版と比べ特にマズルフラッシュが劇場クオリティ。


6. ロブスター
セックスをしろという世界。するなという世界。どっちにしろ居心地の悪い男。何も考えず誰かに常に依存して、誰かの言うまま犬を蹴り殺していれば楽に暮らせる。
ユジク阿佐ヶ谷で鑑賞。なんかうちで観てるようなアットホーム感でいい。

7. マネーショート
空売り(ショート)ってのが何なのかまずわかんない。わかんないけど面白い。面白いけど分かればもっと面白いんだろうなあと思うと悔しい。ツェッペリンがブルースの名曲をカバーした「レヴィー・ブレイク」が効果的に使われてる。

後日勉強したら空売りのなんたるかは分かったけど、なんでこんなシステムがあるのかが分からん。ただゲームをしたいだけのルールってこと??


8. レヴェナント
ディカプリオはこれまで通りの名演。これでオスカーあげるなら「ウルフ・オブ」であげろよ!あっちのほうが面白かったぞ!笑ったぞ!と思う。
映画としては概ね好感触だけど「やったるぜ感」が強すぎて疲れる。ディカプリオも生魚に生レバー食べちゃうし。人知の及ばぬ自然との格闘、って映画なのに「何であの状況で川に落ちて何で凍傷にならない?」など腑に落ちない点も。リアルなんだかどうなんだか。

9. この世界の片隅で
良かったですよ。義理姉の慟哭とかやっぱり涙がこぼれそうにはなりました。機銃掃射とか爆撃シーンのリアルさも良かったし。でも全部のカットがちょっとずつ短くて物足りない。カタルシスなシーンなのに、感じ取る前にカットが変わって緊張感が切れちゃう。もったいない。能年ちゃんの吹き替えは最後の最後まで能年ちゃんの顔がちらつくが、キャラ自体が能年ちゃんっぽいので違和感は無い、という不思議な一体感だった。一体になって無い一体感というか。

10. マネーモンスター
ジョディ・フォスター監督作。何作目か分からないけど、いくつか撮ってるんだろうなという肩の力の抜け方と、こういったアクション性が強くてスピード感があってキャラが立たないと面白くないお話を、破綻無くスムーズに見せていくのはかなり難しい事だと思う。名手なんだなあこの人は。知らなかった。ロバート・レッドフォードみたいになるんじゃないか?
攻守の入れ替わりの応酬とか見事だった。それに比べて大オチはどうなんだ、って気になったが、続けてこの先も監督作を観てみたいなあと思った。




《そのほか観た作品》
ミスター・ダイナマイト
オデッセイ
君の名は。
ブリッジ・オブ・スパイ
殿利息でござる
白鯨との戦い
嫌な女
















[ 2016/12/30 17:49 ] 映画 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。