おすすめマズい飯

■ 「マズい」と「怖い」は似通った心なのか。恐怖は誰も感じたくないはずなのに、ホラー映画は量産され続ける。レンタルDVD店では常に一シマ以上与えられる人気ジャンル。
そして、マズいものは今も昔も洋の東西を問わず常に生まれ続け、マズいと知りつつ人はそこに通う。
マズいものが人類に不必要なものならとっくに滅亡しているはずだろう。なぜだ。

「科学」が駆逐してきたはずの闇、亀裂、谷底といったものがまだ歴然とそこに存在している事を、「怖いもの」や「マズいもの」は我々の眼前に新鮮な形で突きつけてくれるのだ。

MZUIMONO_fix.jpg

おすすめマズい飯#6  【阿佐ヶ谷駅前 回転寿司】

入った瞬間に危うい雰囲気。生臭いわけではない。「悪臭を強烈な力で消毒」した臭いがする。つまりそれは薄氷の下に黒々とした闇が存在するという事だ。

H・P・ラヴクラフトの短編にある「ダゴン」を思い出す。
ナチスを出し抜いて、大海原に脱走した一隻のボート。たった一人、死の水平線を漂流した連合国兵士が命からがらたどり着いた陸地、それは太古の邪神に呪われた土地だった。
という、いわゆる"クトゥルフ神話"ものの一篇。

"カタ…ン…カタ…ン…"という周期的なモーター音とともに寿司皿が回ってくる。
回転寿司のネタのほとんどはいまや得体の知れない、謎の深海魚だ、という話しを思い出す。
「きもちわりい深海魚を目の前でさばくわけじゃないし別に良いよ」という声も聞こえてくるが、本当にそういうことでいいのだろうか。「エンガワ」という名称で流れてくるこの寿司は、一体この白く重なるヒダは、一体どんな形のどんな魚のどんな部分なのか。

値段表の、本来高額な一品のはずの金皿や銀皿の絵に、乱暴に赤マジックでバツが書かれ、「全品140円均一」と手書きで値段改訂のお知らせ。
均一?そんなことあり得るのか?ウニもイクラも赤身もツナマヨも同じ?
安すぎる。怖い。
「低」と「高」の間の中道価格を選んだというよりは、「低」にすべてを落としこんだ、という印象。

ままよ、と口に放り込む。脂の味と生臭い臭い。

「ダゴン」で、男が彷徨うのは真っ黒い汚泥の大地。
得体の知れない深海魚、大きな魚、小さな魚、長い魚、それに海草、貝、見たこともない無数の生物の死体が重なりあい、腐り、強烈な臭いを発してドロドロの黒い泥濘を作り上げている。

腐った汚泥の中にそびえるオベリスク。
一面真っ黒い世界の中で唯一白く輝くその石柱を見上げ、男は震える。
石柱には一面、不気味な生物たちの世界、生と死の歴史が刻まれ、そしてその頂点には彼らが崇める巨大なタコのようなイカのような邪神、ダゴンのレリーフが刻まれている。

"カタ…ン…カタ…ン…"と、飾り包丁を入れたイカの寿司が延々と回り続けている。表面が、鈍く乾ききっている。
寿司のメリーゴーラウンドの中心に立つ白い割烹着の男、板前さん(とこの場合も呼ぶのか)が、なにを思ったかそのイカの寿司を取り上げ、ネタをシャリから外すとサッと素早く手近の水道水で洗い、再度シャリに戻した。
何事もなかったかのようにイカの寿司は再び回転を始め、水道水で濡らされた白い表面はきらきらと輝いて見えた。

板前の目線のあたりには丁度湯のみなどの収納が並び、客の目線と板前の目線は合わないような設計になっている。どこか人間性を失わせる工夫だ。人を機械に、機械を人に思わせる工夫だ。その工夫の中で太古の暗黒世界からやってきた深海魚は切り刻まれ江戸前寿司になり、乾ききった寿司は水道水で洗われ、握りたての寿司に変わる。

身体の芯から背中、頭へ寒気が立ち上る。怖い。
兵士でもテロリストでもない、さしたるドラマも背景も持たない、ただの普通の男である自分が、ふいにこんなにも心底震える恐怖の亀裂の奥に入り込む。
だからマズいものはこの世から無くならない。

まるで自分が世界の果てに立ち、その縁から、永遠に終わらない夜の、底なしの混沌を覗きこんでいるように感じられた。奇妙なことに、恐怖を感じながら、『失楽園』と、形のない闇の国から登ってくる恐ろしい魔王の姿とが、心に浮かんだ。
ー「ダゴン」/H・P・ラヴクラフト












[ 2017/04/30 15:01 ] おすすめマズい飯 | TB(-) | CM(-)