スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

オバケが怖い

■ オバケって怖いじゃないですか。
小学生時分、「ご飯よ」と一階のママから声をかけられた夕方、暗くなり始めた二階の廊下を歩き始めると、必ず背後からガイコツのオバケが襲ってきました。

ガイコツのオバケ。

書いてみると全然怖くないですけどね。涙が噴き出すほどだったんですよ、当時はマジで。

あれはどんな感覚だったのかと、
いま自宅の深夜、廊下でひとり電気を消してぼーっと立ってみたりするわけですが、怖くない。
真っ暗闇のなかで、更に真っ暗な廊下の隅っこなんかをじーっと、じーっと眺めたりするんだけど、怖くない。

出てこない。ガイコツも何も。
どこにいってもオバケには会えなくなってしまった。




■ 柳澤佳子『われわれはなぜ死ぬのか』によると、
「人々は死体の腐敗解体の過程に"亡霊"を見る」のだそう。

腐りゆく死体に結びついた不吉な亡霊が、生き残ったものを悩ます。
その根底には人間の持つ「死骸の腐敗解体に対する恐怖」がある。

アデノシン三リン酸が分解され死後硬直を起こした後、
腸内の細菌は繁殖し、肌に緑色の斑点が現れ、筋肉が腐敗していく。
臓器は融解し、頭蓋、胸郭、骨盤内をどろどろの液体で満たす。
肝臓が約三週間、心臓は5ヶ月ほどで消滅する。
タンパク質はアミノ酸やアンモニア、硝酸などに分解され、
炭水化物はアルコールやケトン、有機酸に分解され地中に染み込んでいく。
脂肪は低級脂肪酸に分解されて悪臭を放ち、
成人の死体で約5立方メートルほどの量の腐敗ガスを放ち、すべては分解されていく。

フランスの社会学者エドガール・モランによれば、
死の恐怖は「死者を個別のものとして認識しているからこそ生まれる」という。
つまり死んだ人間が腐って崩れて形を成さなくなっていく過程で、その人が持つ「個性」も崩れ落ち、何者でもなくなっていく。
その様子に恐怖を感じるのだそうだ。

つまりオバケは、
主体と客体の区別が曖昧になった、
自分と他人、自分と世界の区別がつかなくなった時、場所に現れる、というわけだ。




■ 中学1年生の頃に読んだ『刑務所の中のリタ・ヘイワース』『ゴールデンボーイ』があまりに面白くて、スティーヴン・キングのファンになったんだけど、あとがきを読んでたら「自分自身はオバケが怖い、苦手」とキング本人がコメントしてた。

ホラーの帝王なんだからもう夜ごと血みどろの妄想にふけって、近所の猫を捕まえてはバラバラにしてまた繋ぎあわせる、とかだろうと思ってたので意外に思った。

本人曰く「ベッドから手や足が出てたりするとオバケに触られそうで、暑くても苦しくても絶対手足を外に出さなかった」のだそう。

「オバケに触られる」怖さってすごく良く分かるんだけど、触れるくらいまで近くにきたオバケはなぜ布団の中には入ってこないんだろう。取り憑いて殺したい、無くした右手を返してほしいっていうなら、布団を剥いででも襲ってくると思うんだけど、オバケはそうはしない。

これはやはりベッドが自分の拡大版、主体の象徴だからなんじゃなかろうか。
主体がはっきりしている世界にはオバケは生まれない。
主体がちょっと曖昧になる場所、
つまりベッドの端とか、ベッドの下とか、少しだけ領域を離れてしまった場所、
自分と世界の間にある境界、やはりそこにこそオバケは頻出するということだろう。




■ 前掲の『われわれはなぜ死ぬのか』によると、
・「3〜4才の子供にとって死を認識するのは難しく、眠ってる、もしくは別の所に出かけていると考える」
・「5〜9才になると、死ねば生き返る事は無く、生きるものはすべて死ぬ運命にあると分かるようになる。しかし自分もその運命にあるとは考えない」
・「10才以上になると死は自分の身にも起こりうる事と知り、自分なりの死生観を探そうとする」
のだそう。

自分のみしか存在しない完全な世界が、cfosやCREBと呼ばれるある種のタンパク質、長期記憶遺伝子の発現とともに生まれた「意識」によって整理されていき、完全だった世界のなかに徐々に「他人」が生まれてくる。

「他人」を合わせ鏡とした「自分」という存在が徐々に確立し、アイデンティティが生まれ、彼我の区別があらゆるシーンではっきりしてくる。

この成長とともに、主体と客体の間にある境界の世界、オバケの住処は徐々失われていく。



■ と、すると、
例えばロックドイン症候群のように、自分の身体の中に自分が閉じ込められて、他者と関係を築く事がかなり難しい状況にある人のオバケとの関係はどういったものなんだろうか。ロックドイン症候群ではない僕と比べて、オバケに接触する機会は多いのか少ないのか?

例えば四十、五十にもなってオバケを見る人は「自他の区別がついていない、社会性の少ない人」という見方が成り立つのか?

例えば「自分だけの世界」の力が極端に強い人、例えばソシオパス、サイコパスといった激しく利己的な特性をもった人間とオバケの関係はどういったもの?

などなど、
オバケへの興味はなかなか尽きない。

最近現れなくなったからといって、
存在が消えたわけではないんだなと思う。
もしかして、自分の死が近づいてくる年齢になったらまた見えるようになるのかもしれない。









[ 2017/07/01 10:30 ] 雑記 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。