スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

西野カナ「RED」を聴く

■ 「RED」といってピンと来るのは、第2期キング・クリムゾン終焉の記録、バンドが空中分解する瞬間の焼けた鉄塊のような爆発寸前の緊張感を録音したプログレッシブ・ロックの名盤中の名盤、キング・クリムゾン74年のアルバム「RED」だが、そのアルバムタイトルをそのまま堂々と冠したことでも知られるのが、西野カナのシングルベストアルバム「RED」だ。

10代女子の気持ちだの恋心だのを代弁してる?とか?どう?とか?
西野カナについてのイメージ自体があまりないが、たまたま見かけたこの歌詞に強い衝撃を受けた。


SUNDAY 起きたらMONDAY


砂漠のような歌詞だ。
国道16号線のような。
種田山頭火のような。
一体そこに何が埋まっているのか。
早速アルバムを入手し、全15曲を聴いてみる。




■ いくつか歌詞を拾ってみる。


だって私A型だし やっぱり安全が第一


恋愛なら直球勝負 みんなはそう言うけれど 元も子もない 
砕けるための恋じゃないんだし どうせなら あなたの彼女になりたい



たまにケンカしても たまにしか言わないi love you一つで yeah we'll be airight
泣き虫で 淋しがりやで めんどくさい私だけど ずっとよろしくね



恋に年の差は関係ないなら 子ども扱いするのはずるい
i love you 初めてみせた素顔も 全部君だけのもの 誰にもあげないの
i love you 本当は四六時中でもずっと君のそばにいたいから yeah いつまでも



明日にはもっと私らしく
wanna be my self
信じているから



意外である。

予想していたような、まっすぐな道で寂しい感じがまるで無い。
なんというのか、
保守的な印象だ。それもかなり強めの。

15曲の世界観をざっとまとめると、
「自分」は小さくて弱くてワガママで泣き虫で淋しがり屋な女性。
そして、年長で、不器用だが誠実な男性の庇護を求めている。

金曜日にはワンピースと素敵なハイヒールでnobody stop me いつだってpartyだが、
仕事も遊びも100%。
つまり基本的には真面目。
突出した事を嫌う控えめな私。
キラキラした物語のゴールは「結婚」。
「結婚」以降の世界は存在しない。
ビューティフルデイ=美しい日とはつまり「晴れ」のこと。明日はきっと晴れ。
泣くのを繰り返せば明日はきっと強くなれる。
強くなれば本当の自分になれる。

一文にするなら「弱く従順な女性が年長の男性と結婚し、自己実現する」ということになる。




■ 人類史のなかに女系社会というのも確かに存在しているのだが(今もしている)、圧倒的に多いのはやはり男系社会だ。
父方居住を行い、家名は男が継ぐ。花嫁代価があり、一夫一妻または一夫多妻制をとることが多い。
宗教的または文化的に、女性を威嚇したり、隔離したり、男性優位に導く風習が多い。

サウジアラビアの映画「少女は自転車に乗って」には、主人公の女の子がファミリーツリーのなかに"なぜ自分の名前は書かれていないのか?"に異議を唱えるシーンが描かれている。
かの国では女の子は自転車に乗ってはいけないし、もちろん映画を監督するなんて事も許されない。
この映画を撮った監督は女性なんだが、撮影中はロケ車に身を隠して、こっそり演出しながら完成にこぎつけたという。


マーヴィン・ハリスの「ヒトはなぜヒトを食べたか」によると、
この男系社会の背景には、人類が長きに渡って行ってきた「人口抑制の計略」があるという。

人口というものは食料生産に問題が無ければ常に増加する傾向にある。
増加した人口は資源の枯渇を生む。
資源が枯渇するほど増えてしまった人口は減らす必要が出てくる。
どうするか?

戦争をはじめる。
しかし戦争だけでは1世代の男子しか減らせない。

人口抑制に一番効果的なのは、女児を殺す事だ。
集団の産児数は成人男性の数ではなく、成人女性の数によって形成される。

10人の男と1人の女が居る場合、当然年に1人しか子どもは産めないし、連続して産むには限界がある。
対して、
10人の女と1人の男の場合は、常に女性が妊娠、出産し続けている、という状態があり得る。

であれば、一定数の女児を残してあとは岩に叩き付けて殺してしまえば良い。
そうはいっても、
子どもを殺すのには大きなストレスがかかる。
それを回避するために人類が生み出したのが、数々の「女性差別の風習」だ。

女性は弱く、浅薄で、頭が悪く、役立たずで、男より立場が低い。

しかもそれは宗教的、歴史的にそう定義されている「事実だ」、とすればその文化的強制力から、
女性差別、虐待、育児放棄する際のストレスが軽減される。
大義名分を得て、大手をふって女を岩に叩き付けて殺せる。

つまり、女性への抑圧、差別と、
資源の枯渇という現象は強く結びついてると言える。




■ 西野カナが描きだす「従順な女像」の背景に女性への抑圧を見、
西野カナと、この土地の資源の枯渇を結びつける、というのは穿ち過ぎというものだろうか。

都市生活者である自分にとって、土地的な資源(海産物や穀物、植物、獣肉など)と自分の生活は直接結びついていない。
生活の資源となるのは属している会社組織からの給与ということになる。
少子化だと言われてもいまの賃金状況ではおいそれと子どもを作るわけにはいかない、という感覚は身近にある。

永続的な技術革新を続けない限り破綻する、というドグマを抱えた資本主義社会は常に高速回転し続ける。
その資本主義の限界を感じるような低成長の時代、今以上に人口を増やせない、増やすわけにはいかないという心理的圧迫。
その背景にある、出産を減らすための女性への抑圧。

少子化がどれだけ叫ばれても改善の方向に進まないのは、政府の無策だけが原因ではなかろう。

まだこの土地には人が多い、
という生物としてのストレートな欲求が現れているのではないだろうか。

1.44という出生率に。
そして西野カナの歌詞世界に。












[ 2017/08/13 16:57 ] 雑記 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。